<< 幼稚園 終了 | main | ブログのお引越し >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

日本生活 最後の週末

コロラドに戻って4日が経ちました。

 

道中、全てが順調でした!

 

今年は、去年に比べると時差ぼけの影響がちょっと出ています、息子に。私は大丈夫。到着日こそ夜6時には夢の中〜その日は12時間睡眠。翌日から家の片づけに仕事、仕事のミーティングと動き回っていて、時差ぼけなしで日常に戻っています。時差ぼけ解消には、下手にゆっくりするより、こうして動き回った方がいいんでしょうね。一方で息子は、お昼寝や夜の寝つきはいつも通りなんですけど、やっぱり夜中は目が覚めて、しばらく寝付けなくなるみたい。夜中の1時〜3時くらいまでごそごそ動き回って、朝は起きられないでいます。でも、赤ちゃん時代と違って泣き喚いたりしないし、一人で絵本を読んだり眺めたり、ぬいぐるみで遊ぶ程度なので、私は横で寝ています(笑)完全に日常に戻るにはあと少しかかるかな。でも、コロラドの気持ちのいい初秋の気候に、広々とした自宅での遊びを楽しんでいる息子です♬

 

さて、福岡で過ごした最後の週末について記録を残しておきます。 木曜日に仕事と幼稚園を終え、週末は、家族で過ごす、この夏唯一の短いバケーションです。

 

初めての映画鑑賞

 

金曜日は朝一から家族で映画館へ行って来ました。福岡は連日の猛暑、暑さに弱い夫は、福岡到着の初日に危うく熱中症になるところだったこともあり、屋内で家族みんなが楽しめる遊びを考えて、映画を見に行ってきました。息子にとっては、映画館デビューです。暗闇や大音響を怖がるかなと思いましたが、一切そんなことはなく、大好きなポップコーンを食べながら、楽しんでいました。映画の内容もなかなか良かったです。私、不覚にも涙腺が…(笑)それにしても、映画館、たっか〜いっ!!三人で5000円近くって、アメリカじゃ有り得ないです!コロラドもスキー場はむちゃくちゃ高いけど、それ以外はもうちょっと良心的な値段かなと思います。

 

7週間過ごした町の駅前の広場

 

午後の早い時間、この夏教えたプログラムの歓送会に出席してきました。学生たちは、これを以って皆母国に帰るわけですが、7週間、とても密度の濃い時間を過ごしたようで、感極まって涙する女子学生も続出!私も、担当した学生たちとの別れを惜しみました。私にとっても初めての経験、本場の日本語教育を体験できて、素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。機会があれば、また是非教えたいですね〜。

 

私が仕事の間、息子は夫に見てもらい、夕方はバトンタッチ。夫が家で仕事をするので、私は息子を駅前の広場↑に連れ出して遊んだのですが、暑い〜暑すぎる〜!!息子はお構い無しに走り回るのだけど、ものの5分で汗だく!暑さに強いさすがの私でも、きつくなってきたので、一時間程度で撤退でした(汗)そして、その日の夜は、パッキングに奮闘…

 

博多駅にて

 

土曜日は、T君ママが仕事ということで、半日T君をお預かり!アパートを引き払い、鍵も返却して、4歳児二人を博多駅構内で遊ばせました。やっぱり危険なほどの暑さだったので、屋内遊びとしたんだけど、デパート内の遊び場はけっこうお金がかかる…それに、週末とあって、お昼頃にはかなり込み合ってきて、子供にとっては自由に歩き(走り)回れず、私達大人も子供を見張るのにストレスが…田舎者の私達にとって、都会での子育てはやっぱりできないな〜と改めて実感しました(汗)

 

早めの昼食の後は、電車でT君のおうちへ直行。電車で寝てしまった二人を担いで到着しました。夕方、T君ママが帰宅して、手料理をご馳走になり、また花火をして、子供達を寝かしつけた後は、T君ママ、私、夫、同業者同士、仕事の話や子育ての話で大盛り上がりの一夜を過ごしました。

 

日曜日の翌朝は…

 

またビーチへ!

 

T君親子も一緒に、前週に行った同じビーチへ行ってきました。この、沖縄のビーチにも負けないくらいの透明度を誇る綺麗なビーチを私は夫にも楽しんで欲しかったんです♬ 曇り&雨の予報が出ていたにも関わらず、こんな素晴らしい天気に恵まれて、本当にラッキー!夫も6年ぶりの海水浴を楽しめたし、私もみんなで一緒に泳げて、これもまた思い出の一ページとなりました。

 

またまた早めの昼食をとった後は、T君ママの自宅に戻って子供達をお昼寝をさせ、起きてからすぐに、5人で次の目的地へ。

 

佐賀県、唐津へ到着!

 

ビーチが目の前だという旅館をとったのですが、海にはクラゲがいるようで、残念ながら海水浴は断念。プール付きの旅館をとったのは大正解!子供達はまたプールでひと泳ぎ。夕飯は、そのプールサイドでバーベキューです!

 

肉と海鮮がた〜っぷり

 

炭火が熱くて一層汗だくになりましたが(笑)、お肉も海鮮もたくさん!お腹いっぱいになりました!

 

海に沈む夕日を眺めるボーイズ

 

子供達はご飯もそこそこにプールサイドで大はしゃぎ!夜も更けていきました。

 

また花火!

 

日が暮れてからは、旅館の方の計らいでまた花火ができました。

 

プール遊び

 

翌月曜日は、朝食後またプールでひと泳ぎをしました。息子は、このたった二日の間に水に顔をつけられるようになり、T君は補助付きで水平になることができるようになったし、4歳児はどんどん上達していて大人の私たちがビックリ。本格的な水泳レッスンを始めようかと意気込んでいる私です(笑)

 

旅館を後にし、またまた早めの昼食をとってからちょっとだけ観光へ。

 

唐津城へ

 

圧巻な姿ですね〜これぞ、日本の風景!ボーイズたちには「オサムライさんのおうち」という説明で大興奮(笑)4歳児、かわいい♬ 駐車場から石畳の階段を登って汗だくになりつつ見ることができたのは、この絶景でした。

 

唐津湾

 

いや〜綺麗だった〜!!

 

こうして唐津を後にして福岡に戻り、T君親子と別れ、私達三人は一路、博多のホテルへ。最後の晩餐は、夫リクエストの博多ラーメンも堪能でき家族三人が大満足の小旅行となりました。

 

こうして私と息子の日本滞在は締めくくられたわけですが、本当に充実した日々でした。最初こそ慣れない生活に母子共に大変でしたが、T君親子の助けのお陰で息子の幼稚園生活、私のアパート暮らしはスムーズにいったし(生活用品準備をT君ママがしてくれていた)、滞在中の半分以上の週末を一緒に過ごしてもらって楽しい日々となりました。ありがとう、T君親子!またコロラドでの再会を楽しみにしています〜!

 

そして、何より、息子が病気や怪我をせずに元気に過ごしてくれたこと、これが一番ですね。滞在半ばに咳をし始め、鼻水もダラダラになったので、ダウンしないかハラハラドキドキの二週間もあったのですが、持ち堪えてくれました。お陰で私は職場へ迷惑かけることなく仕事を全うできました。本当に有り難かったです。私自身も日本滞在中は睡眠とご飯をしっかりとっていたので、暑さに負けることなく、元気に過ごすことができました!本当によかった。(今は、仕事が忙しすぎて、既に睡眠不足に陥っていますが;;)

 

バイバイ日本〜また来るよ〜!

 

これで、日本滞在記は終わり。挑戦と冒険の日々を送ったこの夏の経験から、息子は色々な面で大きく成長しました!そんな息子の成長記録も、コロラドの日常と共にまた綴っていきたいと思います。

posted by: さくら | 帰省(日本) 2016年夏 | 11:18 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:18 | - | - |
コメント