<< 母子生活 最後の週末 | main | 日本生活 最後の週末 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

幼稚園 終了

仕事で期間限定、福岡に母子(プラス夫、到着しました!)で滞在中です。

 

今日で、息子の幼稚園生活が終わりました。

 

走り回った園庭

 

一学期は3週間、夏休みに突入してからも、夏期預かり保育に3週間、計6週間お世話になりました。はじめは朝のお別れ時に大号泣!一体どうなることかと思いましたが、あっという間に新しい環境に慣れて、園生活を楽しむことができるようになりました。環境の変化に敏感な子なので、途中、通常カリキュラムから夏期保育に移行した時も、違う教室と先生ということで、朝のお別れ時に数日ほど泣きましたが、それもすぐに慣れて、本当に楽しく通ってくれて、親としてはとっても有り難かったです。

 

保活に失敗した後、私の職場に近くて便利、というのがこの幼稚園を選んだ大きな理由ではあったのですが、歴史ある幼稚園で、一クラス17人、三学年合わせても100人くらいの小さな幼稚園というのも良かったし、園の教育方針が「個を大切にする」というのがあったようで、外国から来た”異端児”も温かく見守ってくださり、すごく自由に伸び伸びと過ごさせてくれていたようです。どの先生も優しくて、息子はすぐに懐いていました。今週は、どの先生方からも「これから寂しくなります。」と声をかけていただきました。

 

積木で基地作り

 

普段、アメリカの保育園では、環境もあるとは思いますが、身体を動かして遊んでばかりいる息子だったのが、↑こうして積木で遊んだり、後半は、たくさんの折り紙作品(先生に作らせた?)や、空き箱を利用して作った作品を持ち帰ることが増えました。他にもぬり絵やお絵描きなんか見向きもしなかったのに、興味を持って家でもちょこっとやったりしましたね。物を作りだす喜びや楽しさを体験させてくれたようで、どれもこれも”幼稚園効果”です。「お母さんにプレゼント!」と持ってきてくれるガラクタ宝の山でアパートはいっぱいになりました〜(笑)

 

期待していた日本語も、かなり上達しました。幼稚園でもT君と二人で遊ぶ時はやっぱり英語になるようですが(お陰でT君の英語力はアップしたとか!?)、先生には日本語、他のお友達も交えて遊ぶ時は日本語と、しっかり切り替えてやっていたようで、先生方はひたすら感心して下さいました。私が普段使ったことのない、使わない言葉を使うようになったし、何より、発話がスムーズになりました。日本語文の中に混じる英単語の数もゼロにはなりませんでしたが、圧倒的に少なくなったかな。逆に今は、英語を忘れかけているので、父親と話す英語文の中に日本語単語が多く混じる感じですね〜。子どもって、覚えるのも速いですが、忘れるのも速いんです(笑)

 

でも、何といっても心の成長が一番の収穫です。新しい環境が怖くても飛び込んで頑張れば楽しいことが体験できることを知ったし、まだまだ照れながらですが「おはよう」「ありがとう」「バイバイ」と誰とでも元気に挨拶ができるようになりました。そして、「ボクは日本語と英語が話せる!」と誇り高く言えるようになりました。そして、私にとって一番嬉しかったのは、「日本は楽しいね。」と言ってくれたこと。国籍も住む場所も、ひいては親も選べずに生まれてきた環境の中で、親としてはどうしても自分のエゴで自分のアイデンティティや使う言語を”押し付けて”しまっています。その子の人生、その子の価値観で…と頭では思っていても、昨夏の東京滞在後「日本キライ」の息子の発言には私も相当ショックを受けました。今年は、去年の色んな反省から、私は心して来たわけですが、私の努力も実った感が満載です(笑)息子が、日本での生活を楽しんでくれて、本当に本当に良かったです。

 

飛行機が間近に見える園庭

 

6週間、お世話になりました。ありがとう、幼稚園!

 

posted by: さくら | 帰省(日本) 2016年夏 | 22:17 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:17 | - | - |
コメント
 
2016/08/06 9:47 PM
Posted by: komugi
息子くんもさくらさんも幼稚園生活お疲れさまでした!最初は大変なこともたくさんだったと思いますがそれ以上に日本での園生活は大きな収穫でしたね〜☆
“日本は楽しい”と今回思った息子君になんだか私まで嬉しくって親戚のおばちゃん感覚でウルっと...(涙)

そして今まさに息子の日本語のことで私は悩みまくっているのですが、さくらさんが書かれていることがすごくズシンと響きました。
日本語を話したくないと言ったり勉強を嫌がったりする最近の息子なので、この2か国語の環境が負担にさせてしまってるのかなーと考えたり。
この難題は長い目で親も子も一緒に頑張らないとですね〜。
アメリカに戻る日も迫っているかと思いますが、福岡滞在ラストスパートで楽しんでくださいねー!!
2016/08/08 9:43 PM
Posted by: さくら
>komugiさん、
お引越しの片づけでお忙しいところ、コメントありがとうございます!ついに明日帰国となりました。今は博多のホテルで最後の一夜を楽しんでるところです&#9836;

おチビ君もバイリンガル環境で難しい局面にいるようですね。私も沢山のバイリンガル児を見てきましたが、そういう局面はこれからも多々あると思います。うちも、この春はかなり英語に押されて厳しかったです。日本語や日本人としての価値観、異国に住みながら培っていくのは本当に難しいことだと思います。それを理解したうえで、自分ができることを見つけて、できる範囲で実践していくこと、それが大切かなと思います。その時は回り道に見えても、実はいいことっていうのも多いと思いますよ。焦らず、気負わず、やっていきましょうね〜。