<< 週末 | main | 母子生活 最後の週末 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

日米のワーママ事情

仕事で期間限定、福岡に母子で滞在中です。

 

先日、私が今勤めている大学で開催された、「働くママのランチ会♬」というものに参加してきました。

 

 

参加者は全員女性、この大学で教授を務める先生方で、育休後に復帰された方や現在妊娠中で出産後に産休と育休を取得予定の方、そして、この会を企画したスタッフの方々との懇談ランチでした。スタッフも含め、ほとんどが、結婚・出産後も大学に勤めるバックグラウンドを持っていました。

 

目的は二つ。一つは、この企画部門が制作した情報誌(↑上の写真)について。もう一つは、参加者の情報共有です。

 

常日頃、ニュースで日本政府、地方自治体の「子育て支援」とか、「保活」「小一の壁」とか目にしては、日本の子育て事情がアメリカのそれとは全く異なることに驚愕していた私。この会では、日本で、しかも、「教育・研究」という自分と同じ分野でワーママをしている皆さんの生の声を聞くいいチャンスだと思って参加してきました。

 

この大学(旧帝大系)は、日本国内の大学では先陣を切って、女性研究者支援の充実を図ってきたと聞いていました。それだけあって、産後の研究支援の種類の多さに驚きました。ベビーシッター利用のための費用を半額支給してくれたり、研究補助者を雇う費用を支給してくれたり、それが、子供が小学校三年生まで、限度内(100万円/年)で毎年使えたりするそうです。いや〜素晴らしい!

 

そして、今回の日本滞在を経験して、日本の保育料の安さにも驚愕!!当初、編入を検討していた大学付属の保育園だったら、月の保育料は三万円でした。月曜日から金曜日まで、毎日8時〜6時まで預けたフルタイムですよ〜。ちなみに、息子がボルダーで通っている保育園は、フルタイムで13万円です。私立の保育園だったら15,6万くらいいきます。今回お世話になっている幼稚園でさえ、入園料や授業後の預かり保育料を合わせても、7万円くらいで済みました。夏期預かり保育料なんて1200円/日です。「えっ?一時間の利用料じゃないですか?」って聞き直したくらいです(笑)なんという良心的なお値段なんでしょうか〜。

 

でも、これは国や地方自治体の補助があって成り立っている料金体制や支援なのではないかと考えます。「福祉」の一環として、そして、「女性登用」を目指す国の政策として。

 

今回、子ども帯同で日本で仕事をするにあたって、私は「保活」に失敗しました。自分の雇用証明、夫の雇用証明、その日本語翻訳とか、全て必要書類を揃えて提出したのですが、この大学付属の保育園に編入させることができなかったのです。理由は、ポイントが足りなかったから。私の就業条件では、それを満たせなかったのです。

 

日本では、支援制度は充実しているけれど、結局、色々な制約があって、それをうまく活用できない、そして、利用者が欲しい本当のサービスを手に入れられない現状があるのも事実なんだなと身をもって学ばせてもらいました。(結果として、今回は保育園ではなく、幼稚園に息子を入れられて本当に良かったと思ってるんですけどね。保育園と幼稚園の違いについてはまた後日記事にできたらいいなと思います。)

 

一方で、アメリカでは、国としての子育て支援制度というのは、はっきり言って皆無です。(子どもが生まれた年の確定申告で3万円くらいの支給があったくらい!?)勤務先の支援がほんの少しある程度でしょうか。上述した保育料からも分かるように、アメリカの保育事情は、完全市場主義と言ってもいいでしょう。これだけ高い料金を払える人が、申し込み順に順番がくれば利用できるしくみです。

 

月謝が15万円ということは、手取り給料がそれ以上もらえないと、預ける意味が無いんです。そして、赤字覚悟で預ける人だってもちろんいます。いっぱいいます。私も復帰当初はそうでした(爆)何故か?キャリアに空白時間を設けないためです。履歴書に傷がつくから。でも、公平さを感じます。両親の子育て状況をポイントになんてされません。

 

こういった背景もあって、アメリカでは子供の預け先を保育園だけに頼らず、ナニー、ベビーシッター、ベビーシッターの共有、オペア、ホームデイケアなど、多様性のある預け方が発展してきたんだろうなと思います。

 

別に、どちらがいいというのはなく、国の事情や国の目指す福祉のあり方によって必要な形態があるのでしょうね。今回、両方を体験できたことはとてもラッキーでした♬

 

posted by: さくら | 帰省(日本) 2016年夏 | 15:10 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 15:10 | - | - |
コメント