<< 【2歳9ヶ月】言葉 | main | 【2歳10ヶ月】成長 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

私と義両親の関係

今回で里帰り日記は最後です。

スイス人と国際結婚をした私、スイスにももちろん、嫁姑バトルはあるようです。情報元はというと、義母ですが(笑)義母が義父との結婚当初の話や、夫の兄のお嫁さんの話などなど、色々聞きますよ〜。

当の私は?う〜ん、もちろん色々思うこともありますが、バトルにはなりませんね〜(笑)理由はきっとこの三つに限るでしょう。

1.遠く離れすぎている。
2.言葉が通じない。

そしてそして、

3.夫の沸点の方が私の沸点より低い。

↑この3.については、もしかして、万国共通、嫁と義両親が円満の関係を築くためには一番役立つことなんじゃないかと最近思うようになりました(笑)

今回の里帰り中も、たった10日間の滞在だったにもかかわらず、どんなによくしてもらっていたと言っても、義両親と私たち夫婦の間で波風がゼロ、ということは決してありませんでした。火種はもちろん、息子です!

偏食&少食の息子、空腹時を狙って、何とかご飯を食べさせることに執心している私たち夫婦なのですが、孫がかわいい祖父母にとっては、孫が欲する物を与えたいわけですよ。これってよくある話ですよね〜(笑)

今回も例に漏れず、空腹の息子にクッキーやチョコレート、プリンを与える両親に対し、私ももちろん、「え〜っ、なんで??」と思ったのですが、私が怒る前に夫がキレてました〜(><;)そんなもの食べたら、当のご飯の時間にはご飯食べません。当たり前です。

実の息子が実の両親に怒りをぶちまけていると、嫁の私は自然と「まあいっか。」と怒りが収まってくるわけです。そして、両親も息子に怒られたほうが、嫁に嫌味を言われるよりずっとマシ、わだかまりは残らないのかもしれません。

1.は、義両親との時間なんて、スイスとアメリカじゃあ遠すぎて一年に一度、数週間あればいいわけで、多少のことはお互い我慢ができる。

2.は、お互いが何か愚痴っても、私はスイスドイツ語が分からないし、むこうは日本語が分からないから、お互い聞かなくてもいいこと、聞こえないんです。余計なことが耳に入らないことはお互いのためですね。

3.今回の旅の間、ブツブツ両親の文句を言っていたのは夫の方で、もっぱら私は聞き役でした。もともとイライラしていた自分の気持ちも、夫の愚痴を聞いていると、「そんなこと、今だけだからいいんじゃない。」と思えるようになった自分がいたんです〜。ほんと、不思議なものです。

こんなこともあった10日間の里帰りではありましたが、基本、義両親との親子関係は、とても良好で、今回も濃厚で楽しい時間を過ごさせていただきました。


義両親が見つめる先には・・・

私達夫婦にとって、いつでもどんな時でも一番の理解者でいてくれている義両親には、感謝してもしきれないほどお世話になっています。


もちろん、孫がいます

今回、息子を連れて初めて里帰りができて、少しは親孝行ができたでしょうか。そうであって欲しいなあ、と心から思います。次はいつになるかまだ分からないけれど、そして、8000kmの道のりは本当にきついのだけど、また親孝行ができるように、近いうちにまた実現させたいものです。そして、日本の父の元にも。

<2014年冬スイス里帰り記 了>
 
posted by: さくら | 帰省(スイス) 2014年冬 | 23:22 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:22 | - | - |
コメント
 
2015/01/27 3:22 AM
Posted by: kumi
さくらさ〜ん、こんにちは!
スイス旅行記楽しく、クリスマスツリーもロウソクのオーナメントも、ヴィンテージのソリも、御両親の別荘も、あぁヨーロッパ、スイス、素敵だなあと拝見しておりました〜。スイスのご両親や日本のお父様や、帰省したときにお元気でお迎えして下さるのが何より嬉しいことですね。でもでも嫁姑バトルは無いに越したことはありませんね(汗)。私もスイスへは大昔ですけど、チューリッヒや氷河鉄道に乗ったりと、日本からのよくある団体旅行ですが訪れたことあって。山好きなのでまた違った形で訪れたいなと拝見していても思いました。コロラドもきっと寒くなっていることでしょう。どうぞ風邪などひかれませんように!
2015/01/29 3:02 PM
Posted by: さくら
>kumiさん、
旅行記を読んでくださり、ありがとうございました!!kumiさんは、スイスへ行かれたことがあるんですね!山好きな方にとっては本当に素晴らしい場所だと思います。私自身としては住める自信はないのですけど、観光ならどんどんしたいなあ〜って思ってます。息子には、スイスの学校(大学や大学院?)に行ってもらいたいなあ、なんて(笑)

コロラドはここのところ、暖かい日が続いています。東海岸はすごく寒そうなので、kumiさんもどうぞご自愛くださいね!