<< スイス発祥の地 シュヴィーツ(Schwyz) | main | 【2歳9ヶ月】新しいクラスへ進級! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

スイス南部の村

12月29日〜1月1日

義両親の別宅のあるスイス南部にある村に滞在しました。スイス北部から南部へ、アルプス越え(トンネルですが)をしたところ、一気に好天!大雪&濃霧の北部とは打って変わって、久々の太陽光が有難かった!


その村を隣の丘から眺めた写真

この村には里帰りの度に立ち寄っていますが、本当に独特で素晴らしい景観です。


石畳の道


石畳の道&トンネル
 
スイスという国は、大戦に”直接的には”参戦しなかったことから、各地に歴史的建造物がそのままの形で残っていて、この村もその一つ。たった80人の人口しか居住していない小さな村なのですが、一定区画は、「伝統的建造物保存地区」となっていて、その景観を守る義務を住民に課しているのです。


村の中心は、やっぱり教会


ネコさ〜ん(by 息子)


村のシンボルの銅像に乗った息子(笑)

夫もこの村と両親の別宅が大好きで、里帰り時は必ずこの村で過ごしたくなるとのこと、この村への滞在無しに里帰りではない、と。一番近い都市からは30分ほど離れた山の上に位置する村です。夫が大学生だった頃、夏休みはいつもここに一人で来て、休み明けにある試験に向けてテスト勉強に励んだそうです。


自然もとっても豊か
 
ここに来たら、ハイキングも欠かせません!


私と息子、お散歩中
 
標高差600mの裏山にも登りたかったんだけど、”抱っこ魔”の2歳児が一緒だと無理無理!でも、森林浴はできました!
 



森林浴、むっちゃ寒かったけど、気持ち良かった〜

そんな”抱っこ魔”の息子も、この旅ではずいぶん歩けるようになりました!非日常のなせる業!?


もちろん、公園遊びもしたよ

次の記事では、この村にある義両親の、築1000年(百ではなく千ですよ〜)の別宅を紹介します!
 
posted by: さくら | 帰省(スイス) 2014年冬 | 22:06 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:06 | - | - |
コメント