<< 【2歳5ヶ月】言葉 | main | お手伝い >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

洪水から一年

今朝はこの秋一番の冷え込みで、なんと、自宅前は真っ白!!今シーズンの初雪観測となりました(><;)コロラド在住9年目にして、初めて、9月中旬での積雪体験です。毎年、だいたい10月初旬には初雪になるのだけど、9月とはね。気温も0℃近辺をウロウロ... 今朝は寒すぎて夫が早速ヒーターのフィルターを新しいのに取り替えてくれて、暖房を入れてしまいました。週末にはまた25℃前後の夏日が戻るみたいなので、あと一晩の辛抱です!

さて、昨日は、去年の洪水被害からちょうど一年となる日でした。被害の様子や、孤立&ガス無し生活については、こちらのカテゴリーにまとめて書いています。

今でも、雨が降り続いたり、雨が屋根に降り注ぐ音を聞くと、トラウマのように当時の記憶が蘇ってきます。あの時のような大雨にならないかな?特に夫がまだ自宅にいない時は、ちゃんと帰ってきてね、という思いが強くなります。


当時、孤立生活の元凶となった寸断された道路

この道路は、山から流れてきた鉄砲水によって流されて寸断されてしまい、この地下に埋められていたガスパイプも破損したことから、町に出ることができなくなった上に、ガスの供給が止められたのでした。

そして、この道路、夫も少し帰宅時間がずれていれば、崩壊に巻き込まれていた可能性がありました。

前夜、大雨と立ち込める霧で視界が悪い中、なんとか夫が車で帰宅できたのは午後8時頃でした。翌日ご近所さんと話していて、お隣さんの高校生の息子さんが帰宅したのは夜10時ということを知る。でも、その時点ではすでにこの道は崩壊していて車では通れなかったとのこと、この道路の近くにある消防の駐在所に車を停めて山中を徒歩で帰宅したというのです。

ということは、この二時間の間にこの道路は崩壊したということです!

この事実を知った時、私は吐き気をもよおすほどの恐怖におののき、夫が無事に帰宅できていたことに安堵したのでした。本当に良かった良かった。

でも、この場所ではないのだけど、少し山を下ったところでも土砂に巻き込まれて若いティーン二人の命が奪われました。今日は、その場所に献花台が設置され、沢山の花束がお供えされていました。改めて亡くなった方々のご冥福を祈らずにはいられません。

自然災害というのは避けたくても避けられないことがある。2010年の山火事被害、2013年の洪水被害、そして、つい先日の落雷被害と、この家を買ってから5年半、これだけの自然災害が降りかかりました。それでも、自身への被害は最小限で済んでいることは幸運であるということ。大自然の中で暮らすということは、そういう災害とも隣り合わせだということ、改めて気を引き締めて生活していきたいと思います。
 
posted by: さくら | 2013年 洪水被害 | 15:52 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 15:52 | - | - |
コメント