スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

雪山三昧なお正月。

1月1日から二泊三日で、家族4人(パンダ犬は保育園に預かってもらって・・・)雪山旅行へ出かけました。その時の写真をアップします。

日本のお正月らしきことは今年は一切できずジマイでちょっと残念でしたが。

初日、渋滞に巻き込まれながらお昼近くにやっと到着したのは Keystone Resort 気温がかなり低めで風もあるせいか、厚着をしていった割には、やっぱり寒かったです。でも、天気は快晴おてんき この青空と真っ白な雪のコントラストがなんとも言えません。




二日目は、keystone Resort がある、Dillon という街から車で西に30分ほど行ったところにある、全米で有数の規模を誇る Vail Mountain へ。ここは、Back Bowl という上級者向けコース・・・というか谷?が有名なんだけど、今回も行けずジマイでした汗。お義母さんがヘルニアの手術を数年前にしていて、急斜面、またはコブのある斜面は避けたい、ということで、おとなしく中上級者向けコースを淡々と滑ることにしました。


それでも、雪はパフパフだし、ゲレンデは幅が300mくらいあるのでは?というほど広いところがあって、やっぱりコロラドの雪山はサイコー!!

三日目は、Breckenridge Ski Resort です。ここは、先シーズン夫と何度も通ったので、お気に入りのコースに両親を案内。みっちりと中上級者コースを堪能しました。


このハーフパイプ、すごくない??


ここは既に、樹木臨界線を越えるか越えないかのあたりです。ご覧の通り、更に上に登ると木々はありません。そこまでいくリフトもあって、去年の春スキーでは義兄夫婦と挑戦しました。たしか、北米で一番高いところに登るリフトだとか。その頂上は標高3900mの世界です。富士山より高いじゃんっ!!


こちらは、ゲレンデを滑ってる時に見渡せる景色です。
眺望の先には4000m級のロッキー山脈〜ムード

最後はオマケ。


ホテルで泊まったお部屋の窓から見た朝焼けの様子。


これは、朝車に乗ろうとした時に発見した、凍りついた車のフロントガラスです。
結晶が見事でしょ?
気温は恐らくマイナス20℃くらいかしら。
posted by: さくら | 雪山 | 13:14 | comments(2) | - |

来シーズン!?

今シーズン、滑り修めもしてないっつーのに、スキー場から来シーズン(2007/2008)のシーズンパスのお知らせがメールで届きました。

た、た、高ぁ〜いモゴモゴ
なんなんでしょう、この値上がりの様子は...ポロリ

ベイルリゾートグループ管轄のシーズンパス。
Colorado Pass
VailBeaver CreekBreckenridgeKeystoneArapahoe Basin の5山共通シーズンパスで、VailとBeaver Creekは合計10日間までという制限付き。また、この2山は主要休暇(サンクスギビングや年末)は滑れません。
$419(約¥50,000)

今シーズン、私はこのパスを購入したのだけど、去年買った時から$40ドルも値上げされたよー!!

Buddy Pass
Breckenridge、Keystone、Arapahoe Basinの3山共通パス。
$379(約¥45,000)

Colorado Pass PLUS
今年から新しく出来たシーズンパスらしく、ほぼColorado Passと同じ、ただ、VailとBeaver Creekの滑れないという制限が6日間までは無くなる。
$519(約¥62,000)

※上記値段はシーズン前の割引値段で、時期が遅くなると値段は更に(どんどん?)上がります。

これ以外に、Winter parkCopper Mountain を経営する イントラウェスト・グループが発売するシーズンパスもあります。今年イントラウェスト社に買収された Steam Boat も組み込まれたパスもあるようです。 (因みにこのスキー場は雪質が北米一?と言われるほど素晴らしいスキー場なんですよ。でもボルダーからは交通の便があまり良くないんだなぁポロリ。)

こちらも今シーズンのより値上げされてるみたい...。

聞くところによると、ここ数年コロラドではスキーブームが起きているそうで、両リゾート会社も強気でチケットの値段を釣り上げているようなんですねあせあせ

シーズンパス以外にも、お手ごろな Four Days Ticket(シーズン中4日間有効)なんてのもあるし、シーズンパスを持ってる人が持ってない友人に当日一日券を購入する際、結構な割引が効いたりもします。上手に活用したいものですねわーい

よく考えると、あと半年後には来シーズンがスタートするんだよね!?
(たしか去年は10月から滑り始めたもん!)

もしかしたら来シーズンは今シーズンほど行けなくなる可能性もあるので、シーズンパスを購入するかどうかはまだ決められないなぁ[:がく〜:]。

さて、今日のボルダーは一日中雪が降ってます雪
気温も氷点下、寒いです。
Breckenridge も Keystone も二週間後にはクローズ。雪はまだまだあるのだろうけど森林保護のためだとか、しょうがないよね。でも、A-Basin は5月いっぱい営業してるらしいから、あと一回くらいは滑りに行きたいなぁニコニコ
posted by: さくら | 雪山 | 19:31 | comments(0) | - |

春スキー。

なのに、パフパフのパウダーでしたイヒヒ

3月最後の土曜日、Keystone スキー場へ行って来ました!!
先週水曜辺りからコロラドの山には雪がどっさりと降っていたようで、土曜の時点で、このスキー場には30cm近くもの新雪があるとの情報を得て、参ったのです。

この日は曇り空に加え、結構風が強くて気温も下がり、思ったより寒かったのだけど、backご覧の通り、パフパフのパウダーボードを楽しむことが出来ましたウィンク

前回、義兄夫婦と雪山に来た時、所謂典型的な春スキー(雪が重たぁ〜い)だったのでもう今シーズンは終わりかなぁ、なんて思ってたけど...まだまだいけますよ、ひぃ〜。(←嬉しい悲鳴...ねたらーっ。)「コロラドの春スキーは最高よ!!」とよく耳にしていたのだけど、こういうことだったのですね。

今回は、私達夫婦には珍しく、モーグルバーンの林間コースに挑戦。途中、木に激突して青ざめた顔をしてる若者に遭遇して911コールするか迷ったというハプニングもありましたが、私達は私達なりにスローペースでこの新雪を楽しむことができて、満足満足わーい

もうすぐ冬も終わり、多分、あと一回行けるか行けないかだろうな雪山も...ポロリ
posted by: さくら | 雪山 | 12:57 | comments(0) | - |

3月19日(月)、20日(火)

今日は、週末に仕上げたTax Return(確定申告)の郵送を完了しました。
アメリカでの確定申告は、企業人だって自分でやらなければならないのです。
日本のように会社がやってくれるわけではありません...。

それにしてもアメリカでの納税システムは、収入の少ない人と外国人にとっても厳しいシステムになっているのですよ。しかもこれはB大統領が就任してから変わったということご存知でしたか???以前の日記にも書きましたが、私と私の夫のビザはJ(交流者)ビザです。このビザを持ってることでこの納税システムに不遇がある、ということをアメリカ到着後に知らされました。今更後悔しても仕方ないのは分かってるけど、改めて、書類を書きながら、「不公平だ、不公平だ!」と嘆いておりました。

...何がって、このビザを持つ外国人はnon-resident(非居住者)扱いになるので、フツウのアメリカ人やresident(居住者)扱いの外国人よりも税金を多く支払うシステムになっていて、しかも、控除範囲がとーっても狭いんです。まず、このビザホルダーの妻子は被扶養者にはなれません!!妻が私のように無収入だとしても、子供が何人いようと、ですっ汗被扶養者の数が多ければ多いほど通常控除額が大きくなるのに、これは私達のような境遇の者には適用されないんです。とっても不親切なシステム。それに、たとえば、居住者ならば、海外からの引越し費用、賃貸住宅費用など、仕事に関わる費用は控除に適用されるんです。私達は去年日本からの引越しに莫大な費用をかけました。大学からの経費補填はありましたが微々たるもの。新生活を始めるのにも車を買ったり、生活用品を揃えたりと費用がかかった。こういったものを、居住者ならば免除適用にできるのに、何故非居住者には適用されないのかむかっ、怒りのせいで二人、かなり熱くなったのでした...ひやひや。とはいえ、居住者扱いを得るためのビザを取得するにはそれこそ、30万円以上も費用がかかるので(因みにJビザの場合は〆て数万円ってとこでした...。)、どっちもどっちですけどねぇ。まあ、法律を変えることはウチラにはできない、せめて、早めにこの煩わしい書類書きから解放されようと、頑張って半日で全部終わらせました。

もう一つ言わせて下さい!!!
通常この確定申告はネット上でできるしくみになっています。しかーし、この非居住者用申告は、それが適用されず、紙に書いて郵送するしかないんですむかっ。なんなんだこの不遇は怒りマーク!!!と怒ってみました!!それでも幸い、フォームをpdfでダウンロードして上書きができたのでよしとしようかぶー

前書きが長くなっちゃった。今日の本題は、3/19(月)と20(火)に何をしたかってこと。

Breckenridge Ski Resort にスキーに行って来ました!!
今年のスイスは暖冬でLもSも思う存分スキーを楽しめなかったとのこと。コロラドでは是非スキーをしたいと、マイスキー持参で(担いで)やってきたのです。行き先は勿論、北米最高峰に辿り着けるというこのスキー場。とはいえ、通常のスキー場では普段スキーをしない彼らを満足させられるか私はちょっと不安だったんです...ムニョムニョ。彼らはいつも、スイスの山々をスキーを履いて登り、林の中を自由に滑って降りてくるバックカントリースキーというのをしてます。

まあ、私の不安は一気に吹き飛びましたねぇ〜てれちゃう
雪質は気温が高く上がったこともあり、早朝はガチガチのアイスバーン、昼間のベース近くはべチャべチャ。良いコンディションとは言えなかったけど、トップパートの超上級コースを思う存分楽しめたようでした。

北米最高峰までいくリフトを降りて、更に高いところまで徒歩で登るスキーヤー達


その先にあるゲレンデで、かなり急なスロープ。モーグルバーンもあって降りるのは一苦労。(私は、少しだけ斜面が緩やかな迂回コースで降りましたひやひや


モーグルバーンを果敢に滑るS


私達夫婦はというと、病み上がりの体にこの高い標高の中でのスキー&ボードはやっぱりきつくて息が簡単にぜーぜーあがっちゃってましたモゴモゴ。途中からは中級コースでたらたらすべっちゃった。でも、コロラドでスキーができて大満足の義兄夫婦・LとSをみれて良かったなぁわーい
posted by: さくら | 雪山 | 19:30 | comments(0) | - |

勇み足!?

2週間ぶりの雪山スキー
2月17日の日記に書いた、Breckenridge での樹木限界線を越えたところでのパウダーボードをまた堪能したくて Imperial Express SuperChairリフト を一路めざしました(笑)!!

この日は、車の行き交いは多いもののそれほどひどい渋滞に遭うこともなく、自宅を出てから2時間ほどで到着。そうそう、夫の指導学生D君に「連れてって!」と言われ要望通り5時半にモーニングコールをするも案の定起きず、おいて行きました。お昼頃に「またやっちまった...」との謝罪メール届く。
backこの写真は、高速道路に入って間もなく見えてくるロッキー山脈の姿で、私のお気に入りスポットです。画像悪いですが、はるか前方に見える白い物体が雪を被った山々なんです汗。去年5月にここに来たのですが、空港からボルダーまでのシャトルバスから眺めることができたこれら山々の壮大さに私は本当に驚いたものです。10ヶ月経った今でもやはり、この壮大さ・荘厳さには目をみはるものあり!


山の天気はというと、天気はスコブルいいもののおてんき、気温もスコブル低く、非常に寒かった。それでもめげずに上へ上へ...、しかあ〜し、なんとっ、Imperial Express SuperChairリフト休業中でした泣き顔。下のほうでは感じられないのに上の方はものすごい強風。nextこの写真の通り、木々がないせいもあってか吹きさらしで、雪が舞い上がって真っ白!?勇んで来たものの、残念ながら頂上まで行けずジマイでした。兵どもは、foot access(徒歩道)を歩いて登ってましたモゴモゴ。私には無理っ!!


残念ながら頂上まで行くことはできませんでしたが、二番目に高いリフト降りたところからベースまでのパウダーロングランを思う存分楽しむことができた一日でしたラッキー
posted by: さくら | 雪山 | 20:27 | comments(0) | - |