スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

素敵なプレゼント

 先日、ブログ友だちの風懐さんから、また素敵なプレゼントを頂きました〜

この本の中には、私自身が子どもの頃に親しんだ昔話がいくつも入っています。そして、恥ずかしながら、知らないお話もちらほら・・・これから息子にいっぱいいっぱい読み聞かせてあげたいなあ、って思っています

風懐さん、どうもありがとう〜
posted by: さくら | 日本なこと | 09:08 | comments(0) | - |

雛あられ

 先日、ブログお友達の風懐さんより、嬉しい小包が届きました その中には美味しいお土産もいくつか入っていて、その一つに「雛あられ」がありました。





雛あられと言えば、お砂糖がかかっている甘いものを連想する私。大阪にお住まいの風懐さんにとっては、こちらの雛あられが「フツー」なのだそうです。しょっぱい雛あられの中に数個、チョコレートでコーティングされた雛あられが混ざっているのです

すごーく気になったので、各地の雛あられを調べていたら、こんな記事を発見しました。こちらです。

東京では甘い雛あられ
東海地方ではマヨネーズ味の雛あられ
大阪では厄除けを意味する5色のあられとチョコの6種類の雛あられ
京都ではしょっぱい雛あられ

とあるようです。地域性があって面白いですね〜。風懐さん、大阪の雛あられ、美味しくいただきました!ありがとうございます〜☆

さて、3月3日は桃の節句「ひな祭り」でしたね。ここコロラドでも Doll's Festival と言って、毎年この時期、日系コミュニティーによってお祭が催されています。私も5年前に行ったことがあります。当時の記事はこちら

私自身としては男兄弟の中に生まれ、鯉のぼりはあったけど雛人形は無し!という家族の中で育ったので、桃の節句のお祝いといえば、幼稚園や学校行事、という女の子らしからぬ思い出でいっぱい これから生まれてくる我が子は男の子!なので、端午の節句をお祝いしたいなぁ、と今からワクワクしています

posted by: さくら | 日本なこと | 11:00 | comments(4) | - |

倭 YAMATO THE DRUMMERS OF JAPAN

 先週の火曜日、世界で活躍する日本の和太鼓グループ、YAMATO の公演を観に行ってきました 去年も地元の大学で公演を行ったようですが、終わってから気付き、今年はしっかりパンフレットでスケジュールを事前チェックし、2ヶ月も前からチケットを購入して準備万端。

いや〜、すっごい熱かったです

会場は、大学で一番大きくてゴージャスなコンサートホール。収容可能観客数は2000人強だとか。



私たちが開演30分前に会場に到着した時には、入場を待つ観客が外まで溢れていて、席に着いた頃には会場が満席状態でした。それだけ人気のある公演ということなのでしょうね。これまでに世界50カ国以上を渡り歩き、2000回以上の公演の実績があるグループなのだとか。本当に楽しみに夫婦二人で鑑賞してきました。

和太鼓に、三味線、尺八、琴、そして、力強い歌唱を織り交ぜながら、私たちも含めアメリカ人観客を惹き付けて止まないパフォーマンスには息つく暇もありませんでした。そして、腹の底からエネルギーがみなぎってくる感覚を覚えたのでした。和太鼓がこんなにカッコイイなんて日本人としてとっても嬉しくなっちゃいました。ありがとう!

YAMATO の公式ウェブサイトはこちら

YAMATO の公式YouTubeサイトはこちら




posted by: さくら | 日本なこと | 09:20 | comments(0) | - |

ただいま。

 一昨日、4年ぶりの日本への一時帰国からコロラドに戻ってきました。

入梅前とはいえ、都内独特の熱気とこれまた日本特有の湿気とで、外を歩いていると夫婦でかなりゲンナリしていました。予定していた観光先でのハイキングもその暑さと湿気のせいで断念・・・なんてこともありました。しかも、コロラドでの生活では久しくお目にかかっていなかった(?)手足・関節(主に膝)のじんましんも日本に着くや否や、速攻で発症する、ということも経験。中学生の時以来悩まされてきたこのじんましんが、コロラドに来たら一切表出することがなかったので、やっぱり「湿気」が原因だったのだ、と私の中での発見がありました

こんな不快を体験しても、やっぱり日本はいいネ 何と言っても食べるものが美味しい どこのレストランに入ってもよっぽどのことが無い限りは外れがない。それどころか、今回入った(連れて行ってもらった)レストランのそりゃ美味しいことと言ったら。もう毎回感激・感激で、「美味しい」と連発していましたね。(夫は食べたの全部美味しかったらしいんだけど、最強のお気に入りは、実家近くのチェーンレストランにあった380円の納豆定食ってのが笑えた

そしてそして、私にとっては賞味たったの10日間ほどの滞在。事前に誰とどこで会うかの綿密なスケジュールを立てたわけだけど(結果、過密スケジュール)、それをほとんど滞りなく消化することができました。(デンバー発サンフランシスコ行きの飛行機に乗り遅れる!という大失態を犯したにもかかわらず、です

私と夫、双方の元職場の方々や友達、私の家族と親類と、会ってくれた人皆さんとしゃべって食べて呑んで、本当に楽しい時間を過ごすことができました。会った人の多くが「ブログ、見てるよ!」と言ってくれて嬉しかったし、何より、みんな、私達との再会を喜んでくれ、快くもてなしてくれて、本当に有り難いと思うのと同時に、こんなに沢山の人に見守られてるんだなってことを改めて想うことができました。会ってくれたみんな、どうもありがとう!そして、会えなかった友達、いつになるか分からないけど、また帰るのでその時は是非会ってくださいね。その時まで一時帰国のための資金をまたせっせと貯めたいと思います。


(「山寺」にて。)





まさに夢のような(怒涛の)日本滞在。余韻に浸る暇もなく、100件近くたまっていたemailを処理しながら一気に現実に引き戻された昨日今日。また日常が戻り、忙しいワーカホリックな毎日がスタートしました、とさ。
posted by: さくら | 日本なこと | 20:19 | comments(2) | - |

二冊の本

昨日の夕方、注文していた本がやっと届きました。

先日お知らせした、犬と少女のお話。これやばいです、読み始めて10分くらいで号泣でした泣き顔。最後の最後まで、涙が止まらず、時には嗚咽をもらしながら、一気に読み終えてしまいました。ネタバレはしたくないので詳しくは書きませんが、主人公の女の子の境遇と自分の少女時代がオーバーラップし、私の心もちょっとだけ締め付けられちゃった、というところです。犬を飼ってる方、これから犬を飼いたい、犬と関わっていきたい、と思われてる方には是非読んで頂きたい一冊です。

実は、ちょうど真ん中あたりを読んでる最中に、夫から、帰るコールならず、「今日は実験のため帰れないコール」がありました。電話口で用件を済ませたあとの夫の一言「Did you catch a cold?(風邪ひいた?)」 私、「No! I was reading...(いや、読書してたの・・・)」 夫、「・・・I see. You got a dog book? (・・・あー分かった、犬の本届いたんだ?」

そういえば、夫は私がこの本を注文する横で、「この本は君を絶対泣かせる・・・」と予期していたようでした。鋭いね、夫君ひやひや


二冊目の本はこれ、ひらがなの練習用絵本です。五味さんのかわいらしいイラストと、その絵を紹介する英単語も入ってるのが気に入って購入しました。実は、レストランでのバイトですが10月末でお休みを頂くことになり、隔週に減らしてもらっていたベビーシッターのアルバイトを毎週(一回)に戻すことになったんです。そのお母さんから、日本語の勉強を真剣にやって欲しいという要望があり私なりにどうやってやろうか、と考え、この本を購入してみたんです。ベビーシッターをしてるのは、7歳と3歳半の姉妹。お母さんが日系三世のアメリカ人、お父さんは純アメリカ人。お母さんは大学の日本史の教授ということもあり?日本語は読み書きネイティブ並なのですが、やっぱり子供とは英語が中心。去年の夏まで一年間日本にいた、ということもあって、上の子は簡単な日常会話は日本語で成り立つのだけど、読み書きはまだねぇ〜。というわけで、この本を使いつつ、手作りのプリントなんかも準備して、子供の興味をうまく惹き付けて教えていけたらなぁ、と思ってますニコニコ


一晩実験室で過ごした夫は朝のミーティングを終えて、疲労困憊の様子で帰宅。私が昼に仕事から帰るとぐったりしてました・・・。今はソファーで仮眠中。隣でパンダ犬も爆睡中zzz。そろそろ二人とも?起こしてあげる時間です時計
posted by: さくら | 日本なこと | 15:45 | comments(0) | - |