スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

9年目の冬

久しぶりに、我が家の愛犬パンダが登場です。


こんにちは!

我が家にやって来てから9回目の冬を過ごしていますが、この春で推定年齢12歳を迎えることになります。人間の年齢で言えば、80歳超え!!すっかりおばあさんです(><;)

この冬、私たちがスイス滞在中の二週間は、いつもお世話になっている動物病院にお泊りしていたのですが、戻ってきてからというもの、嘔吐を繰り返していました。老衰はあるものの、元気はあるようだったので、いつも食べていたドッグフードでの消化不良を疑い、私の手作りご飯に変更してみたところ、嘔吐はいったんおさまりました。

ところが、ドッグフードを少しでも混ぜるとまた嘔吐も再開。おかしいなあ。しばらく、手作りご飯を継続しました。内容は、白米&玄米+オートミールを少しのかつお出汁と水でお粥にするというもの。加えて、鶏肉のささみと野菜は、にんじん、ほうれん草などありあわせで。すごく美味しそうに食べてくれていました。


手作りご飯で嘔吐がおさまって少ししてから、今度は尿漏れが始まりました。これまで、昼間は3,4時間おきに裏庭やお散歩で外に出せば自分で用を足すし、夜は一晩中大丈夫だったのですが、ここのところは、それをしても、一時間おきくらいに寝ている間に漏れてる感じだったし、夜中も3時くらいに外に出してあげないと、寝床でたくさん漏らしてしまうようになりました。

これはおかしいと思い、先週、いつもお世話になっている獣医さんを訪問。検尿、血液検査がパスできたので、排尿の筋肉強化のための投薬が始まりました。これによって、尿漏れはすっかりなくなりましたが、これは今後一生服用し続ける薬となりました。

嘔吐についても相談したところ、ドッグフードに含まれる成分にアレルギー反応を起こしている可能性もあるとのこと。手作りご飯は様子を見るために短期間だったらいいけど、長期的にはミネラル不足となるとのことで、やはりドッグフードに戻した方がいいと言われました。早速推奨のドッグフード(鮭とさつまいもベース)のものに替えたところ、嘔吐もなく喜んで食べてくれています。減ってしまっていた体重もちょっとだけど戻りつつあり、これでまずはひと安心かな。

(スペシャルレシピのドッグフードはむちゃくちゃ高いです!これで、ただでも高い我が家のエンゲル係数がまたアップです><;)

ここのところは、仕事、子供の世話と看病、家事、犬の食事作りに排泄の後始末や掃除と…振り返ってもどうやって自分が時間を使っていたのか思い出せないくらい目まぐるしく忙しい日々を送っていました。そして、先週は私がダウン。二重に風邪をひいてしまっているようです(><;)息子も愛犬もようやく元気になったので、私も頑張らねば〜(^o^)

 
続きを読む >>
posted by: さくら | パンダ便り(犬) | 22:10 | comments(2) | - |

パンダが行方不明!?

昨日、パンダが行方不明になりました。一晩、あらゆる手を尽くしましたが見つからず、今朝、郡が管轄する動物愛護センターから連絡があって、保護されていた施設に引き取りに行き、無事に再会ができました!


迷い犬の手作りポスター

昨日はアメリカの祝日、午前中私は仕事で家を空けていたのですが、夫が前庭を手入れしようと外に出た際に一緒に出たパンダ。これはいつものことで、たいていの場合、私たちの周りを離れることはありません。

ところが、5分ほど目を離した隙に行方が分からなくなった、何度も何度も名前を呼んだけど、戻って来ないというのです。前も数回ですが、そんなことがあったのですが、数時間後には自力で戻ってきていたので、お昼過ぎに帰宅した私も夫も、それほど深刻には思っていませんでした。


玄関前に用意した布団と水

ところが、5時間ほど経っても戻ってこないパンダ。いよいよ心配になってきました。私はご近所さんを一軒ずつまわって見かけたら確保してくれるようにお願い。息子と夫は自転車でコミュニティー内を探して周りました。家族みんなで喉が痛くなるくらい大声で名前を呼び続けながら走り回りましたが、それでも見つかりませんでした。

↑手作りポスターを作ってコミュニティー内の至るところに貼らせてもらって、ウェブサイトの掲示板にも迷い犬の情報を出して、一晩で10件くらいのメール、5件ほど電話ももらいましたが有力情報は無し。雨が降り出し、雷も鳴り出し、どんなに怯えながら過ごしているのかと思うと気が気でなく、眠れぬ夜を過ごしました。


動物愛護センター

結局、動物愛護センターのウェブサイト上で迷い犬情報のレポートを提出したものに返信があり、そちらで保護されているということで、家族、ご近所さん一同ホッと胸を撫で下ろしたのでした。(引き取り手数料75ドル=7000円くらいは痛かったですがっ。。。)

一体、パンダはどうしちゃったんでしょうか。犬には一応帰宅本能があるというし、これまでもちゃんと自分で戻って来れたんだけどな。やっぱり年をとって(推定11歳)、記憶が落ちてきているのか?これから私たちが長期で家を離れる(=預けられる)というのを悟って帰って来たくなくなったのか?とか、色々な気持ちがよぎりました(涙)でも、とにかく無事に戻ってきてくれて本当に良かった!そして、愛護センターに届け出てくれた方に心より感謝です。お帰り、パンダ!

それにしても、先日の息子の骨折騒動といい、今回のパンダ行方不明事件といい、監視役の夫の不注意には私の不満も募りつつあります(爆)私自身は子育てにしてもペットオーナーとしても、もしかしたら神経質過ぎるくらいの”過保護”なのかもしれないけど、子どももペットも安全に関してはしっかり見ていたい、見ていて欲しいと強く思ってしまいます。。。家族で出かける時も、子どもを見ていないこと、けっこうあるんですよね。子育てスタイルは夫婦で違っていていいとは思うけど、子どもが安全に遊べているか、周囲に迷惑をかけていないか、ついつい目が向いてしまい、手や口が出てしまう私はやっぱり過保護なんでしょうね。。。
 
posted by: さくら | パンダ便り(犬) | 20:26 | comments(2) | - |

子犬

先週、公園遊び中、めちゃんこ可愛い子犬がやってきた!


生後9週間だって!

パンダはもちろん、気になって気になってしょうがない!


大興奮の子犬君

でも、もっと気になってるのは子犬君のほうでした(笑)飼い主に犬種について聞いてみたら、なんと、うちのパンダと同じ!ブラックラブとピットブルのミックスでした〜。そっか〜、約10年前のパンダは、こんなだったんだね〜なんて思えて嬉しかった!

飼い主さんもうちのパンダがどんな犬か気になったみたいで色々質問されちゃった。人懐っこくて、他の犬ともちゃんとうまくやっていける、でも、あまりしつこく意地悪されたらちゃんとやり返す気概もある、小さい子どもや赤ちゃんにも優しいですよーって伝えておきました。ただ、人が好き過ぎて分離不安症も抱えてることを伝えたら、「やっぱり?」って。もしかして、この犬種のミックスによくありがちなのかな、と。

子犬ってやっぱりむちゃくちゃ可愛い〜パンダも思いの外穏やかに接することができていたし、ついつい欲しくなっちゃったけど、子犬のお世話なんて半端なく大変だからやめなさい、と言うもう一人の自分もいました(笑)

さて、束の間の週末も終わり、また一週間が始まります。今学期のスケジュールはかなり気に入っているけど、やっぱり長距離運転とか、ふと気づいたら3つの仕事を掛け持ちで、週に(約)60時間くらい働いているのに気づいちゃって。。。体がやっぱりキツイ、先週も金曜日から風邪をひいてしまって、これで年末から体調崩したのもう四度目くらい?先週後半は夫が出張でいなくて、子どものお世話と仕事も痛み止め(頭痛)と解熱剤(発熱)飲んでなんとか乗り切れました。そんなこんなでバレンタインの準備も何もできず、週末が終わってしまいました〜。そして、今も降雪中。。。明朝はまた渋滞なんだろうな〜って思うだけで気分が滅入ります。雪道は、事故とかノロノロ運転でいつもの倍以上かかります〜。明日は夜明け前に出発です。

では、また一週間頑張りましょう〜!
posted by: さくら | パンダ便り(犬) | 22:21 | comments(2) | - |

パンダの近況

今日もちょっと旅行記をお休みして、我が家の愛犬パンダの近況報告です。


真冬日のお散歩

年末年始の旅行中、パンダはいつもお世話になっている獣医さんのところで12泊お世話になりました。帰宅した翌朝お迎えに行ってビックリ!激痩をしていたパンダだったのです〜(><;)

あばら骨はガリガリに浮き上がり、背中を撫でると背骨がゴツゴツ・・・あまりにもビックリしたので、獣医さんのオフィスにあった体重計に乗せてみたら、38ポンド・・・ベスト体重が50ポンドぐらいの子、10ポンドも痩せたなんて、全体重の20%ですよ!60kgの人が48kgになってしまうのと同じこと。

加えて、目が怯えている。。。ペットホテルでの滞在が相当なストレスだったんでしょうね。本当に可愛そうなことをしました。これまでも旅行の度に、そしていつも犬の保育園(日帰り滞在)にもお世話になっている場所なんだけどね。年齢を重ねて滞在がストレスになってしまったのかな。

今日で戻って12日、滞在と同じだけの日数が経ち、体重もだいぶ戻りつつあります。態度もいつも通りリラックスしたパンダに戻っているので、きっともう大丈夫でしょう!

里帰りはこれからもしたいのだけど、この年老いたパンダのことを考えるとペットホテルに預けるのは躊躇しますね。

さて、パンダと息子の共同生活も間もなく三年を迎えます!


すっかり良い友達になったよ!

息子が三歳間近ということで、ずいぶん物分りが良くなったように思います。同時に、パンダへの思いやりの気持ちも出てきたようで、嬉しい限り!毎晩、読み聞かせなどの寝る前の儀式を一通り終えた後は、「パンちゃん、いい子いい子、おやすみ〜」と撫でながら挨拶をして寝床につく息子です☆


パンちゃん好きだよ〜♪

もちろん、ヤキモチを焼いて、パンダを押しのけたり乱暴したりもあるのですが、その度に私たちも「パンダにも優しくすること」を説きます。一人っ子で育っている息子なのですが、パンダお姉ちゃんからたくさんのことを学んでいます!

パンダは本当に辛抱強く、息子からの仕打ちにじっと耐えてくれる我慢強いワンコです。年取って、一人でペットホテルに泊まって、ストレスを感じて痩せて・・・もう申し訳ない気持ちでいっぱい。大好きな散歩をこれからもいっぱいしてあげようと思います!
 
posted by: さくら | パンダ便り(犬) | 21:50 | comments(6) | - |

パンダ、10歳になりました!

我が家の愛犬パンダ、今日で推定年齢10歳を迎えることができました!!
 

母ちゃんの机の横で、日向ぼっこ中 zzz・・・

「推定」と言っているのは、実年齢が分からないから。7年前の今日、動物愛護センターのようなところからパンダを我が家に迎えた時、そこの獣医さんが「三歳くらいだと思う」と言っていたので、その日をパンダの三歳の誕生日とし、あれから7年の歳月を共に過ごしてきました。(パンダを引き取った翌日に書いた記事はこちら)


息子との生活も、間もなく2年と1ヶ月だね

引き取った当初からトイレトレーニングがきちんとできていて、粗相は一度も無し!お座りの指示にも従える、きちんと躾ができている犬でした。私たちが引き取る数ヶ月前、コロラド州のプエブロという南の方にある町で迷い犬として保護され、そこでは引き取り手が見つからず、ボルダーに転送されてきた犬だったそうです。

当時私たちはボルダーに引っ越して来て一年が経過した頃、ドッグフレンドリーな人々が多いこの街に住んだことで、犬を飼いたいなと思って、毎週末、その愛護センターに通っていたところ、パンダに出会ったのです。もう本当に人懐っこくて、檻の中から私たちを見つめる眼差しに一目ぼれをして飼うことにしました。私自身は初めて飼う犬だったので、ベテランさんの夫に色々教えてもらったり、ドッグスクールに一緒に通って犬の飼い方、接し方を学んだ頃が本当に懐かしい!

ラブラドールの血が入っているので、テニスボールが大好きで、この年齢になっても一日に一度はボール投げ&フェッチの遊びをしています。今ではボール投げは専ら息子の役目です(^o^)


まだまだ瞬発力もちゃーんとあるよ

大型犬の10歳と言えば、人間では70歳くらいにあたるでしょうか。最近では、寝て過ごすことがほとんどになったし、壁に向かってボーッとしていることも増えて、「あ〜老犬になったなあ。」というのが、私と夫の感想です。

相変わらず「分離不安症」を抱えているため、一人でお留守番はできません。(家の物を激しく壊したり、自傷行為が起こります。)だから、どこに行くにも一緒!!


公園遊び(息子)&お散歩(パンダ)中のツーショット

最近では、私たちの友達もパンダをかわいがってくれていて、お呼ばれの時は、パンダをもうちの中に招き入れてもらうことも増えました。(一度、お友達の猫にネコパンチを喰らったけどね ><;)パンダも家族の一員として認めてもらっています!

一時期体調を崩してよく吐くようになっていた件も、この時から始めた食生活のおかげで、今ではすっかり元気になって、吐くこともほとんどなくなりました。


ご飯中も、息子の監視付き(汗)

今飼い主の私が心がけているのは、食生活に加えての適度な運動です。怪我に気をつけながら、大好きなボール遊びをこれからも続けていって、体力維持につなげたいですね。
 

お散歩もいつも一緒

逆に今困っている(戸惑っている)のは、私や夫が息子を叱ると、パンダが怖がってブルブル震えたり、クンクン泣いたりすること。(当の息子はヘラヘラ笑っ てるんですけどね><;)パンダは心が本当に繊細で、飼い主が怒っているのが耐えられないようです(汗)犬に怒ってるんじゃないんだよ、と説 明しても分かるはずがなく・・・本当に可愛そうなんですけど、成す術がなくて困っています。


家族に愛されるパンダと息子

この7年間で、”犬を飼うこと” の楽しさ、大変さ、喜びを私に教えてくれたパンダ。いつも辛抱強く、そして優しく人間と接してくれるパンダとの生活は、私たちの生活を潤してくれています。本当にありがとう。これからも、できるだけ長く、元気でいてね。10歳のお誕生日、おめでとう!
 
posted by: さくら | パンダ便り(犬) | 09:20 | comments(6) | - |